http://handmademilkcafe.blog.fc2.com/
 

marmi

Author:marmi
職業:フリーランスDTPデザイナー&イラストレーター
そして雑貨を作っています♪
趣味→ライブに行くこと
必須アイテム→コーヒー
エネルギー→甘いもの

 
 

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

QR

 
















 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2008.10.31(Fri) 15:11
昨日の午前中、
ぷりんの手術が無事に終わりました。
夕方麻酔から目覚めたぷりんに会いに行くと、
点滴を打たれながらも元気な様子に、ほっと一安心(^-^)

先生によると、手術後は餌箱をひっくりかえしたり、
点滴の管をかじって駄目にしてしまったり、
なんだかご迷惑をかけていたようですが…。
その後は、ぷいっと愛想のない顔をしていたとか(笑)
私たちが会いに行くと、表情も変わって、
やっぱり分かってるのね〜と一言♪
飼い主としては嬉しい言葉♪
お家に連れて帰って〜と言わんばかりに、
私のほうへ来ようとしてましたが、
ごめんね〜今日は連れて帰れないのよ〜と、
ちょっぴり切ない親心。。。

やはり原因は子宮にあったようで、
取り出した子宮を見せてもらいながら説明をお聞きし、
少し気になる部分があるとのことで、
ガン検査に出すことにしました。
結果は来週になるそうですが、
ともかく無事に手術が終わって、
元気そうなぷりんの顔を見て、心の底から良かった〜っと。

早ければ明日退院です。
今日はちゃんとご飯食べてるかしら?

歩いて3分程のところにある、
女医さん1人、看護士さん1人の小さな小さな動物病院。
うさぎ専門ではありませんが、
毎回具合の悪い時や爪切りなど、お世話になってます。
今回もエコーやレントゲン結果では、
はっきりとしたものが映らず、あやしい程度でしたが、
私が血尿でも血便でもないと言ったことも一つの要因となり、
子宮摘出の手術をすることになりました。
動物は自分で、ここが痛い、どんな感じで痛いのか、
言うことができません。
なので、普段からきちんと観察することの大切さを
あらためて実感しました。
ペットに変わって飼い主がきちんと病院側へ説明を
しなければなりませんからね。

さて今日は出先からの書き込みなので、
画像はお休み。
帰り際、シール用の用紙を買って帰らなくちゃ。
ぷりんの心配していたら、
明日オークションに出品予定のお品物、
まだ全然作れてないし(^^;)
今夜、夜なべで頑張ります。 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 編集[管理者用] このページのトップへ 

 

 
Copyright © 2008 Milk Design Cafe, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。